CFW 6.39 ME-5 & LCFW 6.39 LME-5

スポンサーサイト

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定] | TB(-) | CM(-)

CFW 6.39 ME-5 & LCFW 6.39 LME-5

[ 2011/06/08 22:28 ] PSP

neur0n氏により CFW 6.39 ME-5 と LCFW 6.39 LME-5 が公開されました



更新内容

ME-5

・VshMenuにリカバリモードに入るオプションを追加
・OE driver のバグ修正


ME-4

・VshMenuを開いたままスリープするとフリーズしていたバグを修正
・MEdriver のバグ修正
・RecoveryMenuのバッテリー関連のオプションをBatteryConfigに放り込んだ
・Speed Up MS(β)を実装

機能

・未署名のHomebrewをサポート
・プラグインのサポート
・M33driver , NP9660driver , OEdriver , NormalDriver and MEdriver でISOのサポート
・UMD videoのサポート
・解説書(DOCUMENT.DAT)とPSX(PS1)ゲームの変換
・480 x 272 AVCのビデオファイルの解放
・AC アダプタなしでも画面の輝度を最高値にできる
・Homebrewでのメモリ追加(PSP-2000/3000のみ)
PSP-1000でSlim Colors(13-27.bmp)の表示可能に(事前に.bmpファイルが必要となります)
・USB充電のサポート
・CPUクロックの変更
・PIC0.PNG と PIC1.PNGの非表示サポート
・USBにてFlash0/1/2/3/UMDマウントをサポート(Flashを弄るときは気をつけてください)
・リージョンの変更をサポート
・パンドラバッテリー化のサポート
・未署名モジュールのロードをサポート
・Dark_AleX氏のpsp-packerモジュールのサポート

CFW 6.39 ME-5
LCFW 6.39 LME-5

CFWとLCFWの違い

CFW

PSPの電源を切ってもCFWの状態が続きます
ただしPSP-1000と非対策基盤のPSP-2000のみです

LCFW

PSPの電源を完全に切るとCFWの状態は失われ、普通のOFWに戻ります
「01g,02g,03g,04g,07g,09g」各それぞれに対応しています

CFW 6.39 (PSP-1000/非対策2000のみ)準備

・CFWやHENを導入済みのPSP-1000/非対策基板のPSP-2000
CFW 6.39 ME-5
・OFW 6.39の.PBPファイル

導入

1. CFW 6.39 ME-5をダウンロード、解凍します
WS000005_20110605235038.jpg


2. 解凍した中身の「UPDATE」フォルダを ms0:/PSP/GAME/ にコピー


3. OFW 6.39の「EBOOT.PBP」を「6.39」にリネームして ms0:/PSP/GAME/UPDATE/に入れます


4. XMBからインストーラーの起動
 ×ボタンで実行してください

5. 導入成功

機能その2

R 押しながら起動するとrecovery menuに入れます
Homeを押しながら起動するとOFWが起動します



LCFW 6.39 準備

・OFW 6.39のPSP(01g,02g,03g,04g,07g,09gモデルのみ)
LCFW 6.39 LME-5

導入

1. LCFW 6.39 LME-5をダウンロード、解凍します
WS000006_20110608222030.jpg


2. 解凍した中身の「installer」と「launcher」フォルダを ms0:/PSP/GAME/ にコピー


3. XMBから「639 installer」を起動して、インストールを完了させると再起動します


4. このままだと普通のOFW 6.39なので
XMBから「639 lunch」を起動するとLCFW 6.39 ME-5になります


5. 導入成功

recovery menu

OFW状態でR 押しながら「639 lunch」を起動
VshMenuで EnterRecovery->
LCFWからもう一度launcherを起動




[タグ]PSPCFW | TB(0) | CM(0)















管理者にだけ表示を許可する


Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。